Gatebox株式会社
目指すは“日本発”キャラクタープラットフォーム!元マイクロソフト技術者が挑戦する新たなサービス開発

募集中

コーポレート・その他 他16件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者からの質問を受付中!私が直接「ウラバナシ」をお教えします。詳細は、記事の最後に!

  手のひらサイズの3Dキャラクターを投影し、好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット「Gatebox」。そのプラットフォーム設計開発を担当する久森達郎氏は、前職のマイクロソフト時代から、Gatebox社に対して、サーバサイドやサービス設計に関するアドバイスをおこなっていた。そんな彼が、世界的大企業を飛び出して、Gateboxにジョインするまでの変遷とは?

KNOCKS編集部より

2018/03/24
  • 久森 達郎HISAMORI TATSURO
    Gatebox株式会社
    プラットフォーム開発エンジニア

    DeNAとフリークアウトでサーバーサイドエンジニア、Microsoftでテクニカルエバンジェリストを経て2017年7月にGatebox入社

「本当に作るやつがいるんだ」という衝撃を受けた

Gateboxとの出会いから教えてください。

  Web広告のフリークアウトから、前職のマイクロソフトに転職をして、テクニカルエバンジェリストとして技術啓蒙活動をおこなっていました。その後、マイクロソフト本社からインキュベーションの担当者が来日することになり、日本のベンチャーキャピタリストを紹介しようと、引き合わせる場を作りました。

そこでお話した一人が、プライマルキャピタル代表パートナーの佐々木浩史さんです。後日「1社助けてほしいベンチャーがあるんだけど」とメッセージをもらったのが、Gateboxでした。当時2015年10月ごろのことでした。そこで品のプロトタイプを見ることができたのですが、キャラクターがプロジェクションされて映り、音声入力でリアクションをするところまででき上がっていました。

「こういうものを本当に作るやつがいるんだ」「このレベルまでよく作り上げたな」と衝撃を受けましたね。こういうデバイスって、誰でも思いつくけど、実際に作るのはとても難しい。でも、そこを突破していて、すごいと感心しました。

そのときの相談は「サーバの技術を持っている人が全然見つからないから、助けてほしい」というものでした。ちょうどその時にマイクロソフトでベンチャー支援プログラムをやっていたので、それに参加登録してもらうことにしました。

開発ツールとクラウドを一定期間無償で提供できて、僕も担当について相談に乗れるというものでした。それでサーバサイドの相談に乗りながら「形になるにはもう少し時間かかるかな」と思っていたところ、GateboxはLINE社と資本業務提携することが発表されました。

そこから転職を決めたんですね。

  マイクロソフトを積極的にやめる理由はありませんでしたが、そのタイミングで(CEOの)武地からも佐々木さんからも「そろそろどうですか?」という話をいただきました。たしかに「せっかくのご縁だし、面白い事業だし自分でドライブしてみたい」という思いは持っていました。ですが、ただ単にサーバーエンジニアだけをやるのは面白くないとも感じていて、自分がこの事業にコミットするとしたらどういうことができるのかなと立ち止まって考えました。

それで、一度ノートに考えをまとめて、武地と秋葉原の喫茶店で3時間くらい話す時間をもらいました。「こういうビジネスになっていくと思うから、こんなチャレンジがしたい」と。それである程度の合意というか、目線が一致したので、転職することにしました。

現在は、主にサービス設計開発の仕事をしているのですが、次の展開を見据えて、これまでのキャリアにとらわれず幅広く仕事をしています。利用規約のリーガルチェック、コンテンツホルダーに参加してもらうスキームづくり、アカウントの管理やAPIの設計、技術検証など。全方位的に課題を見つけては解決に取り掛かるような形で、これまでにない働き方をしていると思います。

Gateboxで「スマホアプリの世界観」から抜け出せる

マイクロソフトからGateboxに転職するまでに惚れ込んだ点というのは?

  アプローチが日本的で面白いと思いました。スマートスピーカーが世間的には注目されていますが、主な用途は音楽再生とWeb検索です。向こうがIQなら、GateboxはEQに振り切っていて、「AIとかスマートスピーカーとか言っているけど、実はみんながほしがっていたのはGateboxだった」という展開だって十分ありうると。

あとは、自分たちでハードウェアを作ろうとしているのが重要です。「キャラクターと暮らすだけなら、アプリ作れば良いじゃん」と思う方も多くいらっしゃると思いますし、事実としてそのようなアプリも徐々に作られてきています。しかしながら、それだけでは既存のスマートフォンのルールや枠組みを超えることはできません。

価値のあるハードを作って、それが世の中に受け入れられたら、スマホアプリだけではできなかったことができるようになったり、新たな世界観を作ることができると考えています。プラットフォーマーと呼ばれる任天堂やAppleのように、Gateboxの事業はなっていくと私は思っています。世の中にGateboxが受け入れられて、ユーザーが増えると様々なキャラクターを望む声も大きくなるでしょう。

そういうある種のエコシステムのようなものが作れるプラットフォームを立ち上げ、ビジネススキームを考え、自分で実装する――そんなチャレンジができる仕事はなかなか得られないと思います。こういう可能性のあることに関われるチャンスは、仕事人生の中でなかなか得られるものではないと思いました。

数あるベンチャーの中でも、類をみないチャレンジですね。

  そうですね。まだないマーケットを作るために、上手くいく枠組みを作らないといけない。今までの社内は、とにかく「最高の一台を作る」ということにフォーカスしていて、プラットフォームやビジネススキームについてはそれほど考慮していなかった。でもそれは当然で、そんな賢いことを考える人たちだったらもっと別の簡単に儲かる事業を始めていたでしょう(笑)

でも、そういうプロセスを踏んででき上がったから、評価されるものができたのだと思っています。ですが次に求められるのはこのGateboxを普及させ、プラットフォームにするための準備です。。何せプラットフォームを作るというのは、かなり大きな仕事なので、先行販売のその先を見据えたとき、タスク量が非常に多いです。社内も社外も巻き込まないといけない。

しっかりしたハードがあって、魅力的なキャラクターがいて、コンテンツホルダーが参加するスキームがあって、というエコシステムが回りだして、なによりユーザーからの支持が得られれば、ようやくGateboxという会社のビジネスは離陸できる。まだまだやるべきことはたくさんあります。

Gateboxが家の中に入り込めたとき「面白い変化」が起きる

中長期的に見て、Gateboxという製品はどのようなものになるのでしょう?

  今はどちらかと言うと、独身男性にフォーカスしています。でも、これが広く受け入れられてくると変化が起こってくる。本当に一例ですけど、「下手にテレビCMを打つくらいなら、Gateboxにキャラクターを出稿したほうが良いよね」というようなマーケティングが成立するかもしれない。人と距離の近い家の中に、企業が入りたくても入り込めないエリアに、僕たちが入っていけるようになったとき、すごく面白い変化が起きると思います。

もしかしたら製品も今の形ではなくなっているかもしれませんね。今は科学技術がここまでしか追いついていないだけで、将来的には全然違ったものになっているはずです。

オフィスにもいくつかイメージボードが飾ってありますが、ハコの中に入っているビジョンではなく、すぐそばにいてくれるようなビジョンです。去年ホロレンズを開発したアレックス・キップマンが来日して講演したときも、同じようなイメージを語っていました。こういう未来ビジョンは各社持っている。その中でもGateboxはキャラクターをメインに置いているので、他とは違ったアプローチができる面白さがあると思います。

そう考えると、Gateboxがまったく違う製品に見えてきますね。

  「あんなの寂しい独身男性のためのデバイスでしょ?」と言う人もいますが、「こういう目線でみると、Gateboxという会社が面白く見えてきませんか?」「全然違う風景がみえるでしょ?」とみんなに言っています。ユニークなビジョンとチャレンジがあって、投資を受けられているということは、その事業が是認されているということです。

大資本は強大です。アセットもリソースも持っている。でも、「だからやらない」というのは違う。今の販売分の先にどのくらい体験を良くして、ユーザーと長期的な関係を作っていけるか。僕たちがどれだけ早く、遠くに行けるかにかかっている。

武地が社内で繰り返し言っていますが、まずビジョンファースト。その世界観を踏まえて、どれだけユーザー支持や世の中的なインパクトを出していけるかを考えられるかです。新しく来てくれる人には、「こういうテクニカルアプローチがあるから是非チャレンジさせろ」とか「こういう計画を持っているから、企画をやらせてほしい」とか、大きなを持っていてほしいと思います。

あなたも久森 達郎さんに
質問してみませんか?

読者から届いた質問

まだジョイン前にGatebox社から相談を受けていた際、久森さんから見た同社ないし武地さんの印象はどの様なものだったのでしょうか?

久森 達郎さんのウラバナシ

多くの “ベンチャー” や “スタートアップ” と呼ばれるものは大抵 “課題から入る” か “解決策から入る” のですが、Gatebox社はそういう発想パターンから完全に外れていて、最初は「なんて筋の悪いことやってるんだ」と思いました (参考URL:https://medium.com/@tumada/contrarian-workshop-bf4b387cfe8)

みんなの質問とウラバナシ1件を見る

夢は100万人が“キャラクター”と暮らす世界、元ソニーのハードウェアエンジニアが語る「Gatebox」の未来

ウラバナシ
7

「次世代の任天堂」に -- Gateboxの製品へのこだわりとその先に描く世界

ウラバナシ
6

革新的な事業を生み出すための起業家と投資家の理想の関係 ー「Gatebox」の誕生とこれから

武地 実/ 2014年02月/ 46名/ IT/

  • 募集中コーポレート

    仕事内容
    《 人事部長候補 》 最高にクレイジーな製品を作り上げ、 世界に普及していくために必要なのは最高にクレイジーな仲間たち。 私たちのビジョンに共感し、世界を相手に共に戦ってくれる仲間を見つけ、 人事の視点から事業課題の解決に取り組んでいってください。 【具体的な業務内容】 (1)採用関連 作用戦略の立案・企画と戦術の実行をご担当いただきます。 既存の採用手法であるエージェントや転職サイトに加えて、 ダイレクトリクルーティングの実施、リファラル採用の実施、オウンドメディア強化、 採用イベント・面白採用の企画のなど、既存の枠に囚われない採用活動をご提案ください。 (2)人事制度関連 評価制度や福利厚生制度の設計・運用をご担当いただきます。 こちらは(1)採用とも連動して、タレント人財の獲得~入社後活躍まで企画をいただきます。 当社は設立4年の組織フェーズであり、 制度もゼロベースから企画しているのが現状です。 ラボメンバーがはたらきやすく、最大パフォーマンスを発揮できるような職場づくりを組織横断的に行ってください。 (3)労務・給与関連 労務管理をご担当いただきます。 就業規則や諸規則の運用・管理、などをお任せします。  (2)と同様に、現在の運用体制の効率化や、 ラボメンバーがはたらやすい組織づくりを設計ください。 【求める必須のご経験・スキル】 人事部門でのマネジメント経験5年以上 かつ ベンチャー、メガベンチャー、ユニコーン企業における人事部門マネジメント経験 【歓迎スキル】 ・IT企業における人事部門マネジメント経験 ・各種人事制度構築経験 ・既存の採用手法(エージェントや転職サイト)に囚われない採用手法の企画・実行経験 ・メンバーを巻き込み、ゼロイチから自走できる方 ・全社/経営視点でコミュニケーションを取り、リーダーシップを発揮できる方
    雇用形態
    正社員
    給与
    400万円〜800万円 ※経験とスキルに応じて決定します。
    休日
    完全週休2日制(土・日)、国民の祝日、年次有給休暇、年末年始休暇
    福利厚生等
    昇給随時(業績に応じて) / 賞与随時(業績に応じて) / 各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険) / 通勤交通費全額支給 / 他、社内制度有り

    この求人に応募する

  • 募集中その他

    仕事内容
    《 回路設計エンジニア 》 世界中の人が心待ちにする近未来製品の設計に携わる事は他では経験できません。 AmazonEchoやGoogleHomeなどのホームロボットに負けないクレイジーな製品を、 私たちと共に作っていっていただける方を募集いたします。 【具体的な業務内容】 ・Gatebox(IoT、スマートホーム関連プロダクト)の回路設計、プリント基板設計 ・回路設計をはじめ、テスト、試作、量産導入までのプロセスを完結する業務。 (主な設計分野:アナログ・デジタル回路設計、電源回路設計) ・ 商品企画、電気面での仕様検討、部品選定業務 ・ 回路図設計、プリント基板設計、回路定数検討などの回路設計業務 ・ センサ類のパラメータ設定、試作機の評価検証業務 ・ EMSベンダー、パーツメーカー等との折衝(納期、コストおよびスケジュール管理) ・ 認証試験に関する業務 など 【求める必須のご経験・スキル】 ・エレクトロニクス製品の設計・開発経験 ・ 電気/電子/精密機器メーカーもしくは受託開発会社での回路設計実務経験
    雇用形態
    正社員
    給与
    380万円〜800万円 ※経験とスキルに応じて決定します。
    休日
    完全週休2日制(土・日)、国民の祝日、年次有給休暇、年末年始休暇
    福利厚生等
    昇給随時(業績に応じて) / 賞与随時(業績に応じて) / 各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険) / 通勤交通費全額支給 / 他、社内制度有り

    この求人に応募する

  • 募集中企画・マーケ

    仕事内容
    《 IPキャラクター企画担当 》 「Gateboxに〇〇を登場させたい!」、そんな声を性別・年齢問わずいただいております。 これから第二弾、第三弾…と続いていくIPキャラクターの企画折衝業務を推し進め、 キャラクターをGateboxに連れてくる、IPキャラクター企画担当を募集いたします。 【具体的な業務内容】 ・IPキャラクターのコンテンツホルダー(版元)への企画折衝業務 ・Gateboxに出現するIPキャラクターの総合プロデュース業務 ・「Living with」プロジェクトのタスク・スケジュール調整業務 【求める必須のご経験・スキル】 ・IPキャラクターの版元への企画折衝の業務経験 ・IPキャラクターのゲームやグッズ等の企画制作の業務経験
    雇用形態
    正社員
    給与
    380万円〜800万円 ※経験とスキルに応じて決定します。
    休日
    完全週休2日制(土・日)、国民の祝日、年次有給休暇、年末年始休暇
    福利厚生等
    昇給随時(業績に応じて) / 賞与随時(業績に応じて) / 各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険) / 通勤交通費全額支給 / 他、社内制度有り

    この求人に応募する

15件の募集