読者からの質問に直接回答!ウラバナシ

石原 誠MAKOTO ISHIHARA
株式会社アペルザ
代表取締役社長

新卒で株式会社キーエンスに入社。2001年より社内ベンチャープロジェクトとしてキーエンス初のインターネット事業「iPROS(イプロス)」の立ち上げに参画。2014年3月にイプロスを退職し、教育系(EdTech)スタートアップを創業。その後、複数のスタートアップ起業経験を経て、2016年7月、株式会社アペルザを創業する。

2018.03.01に届いた質問

役員や顧問にはとても有名な方々がたくさんおられますが、 入社するからには将来的に貴社で幹部を目指したいという方に、正直可能性はあるのでしょうか?

事業やサービスの拡大に伴ってどんどん組織が拡大しているので、ポジションが多くうまれています。 できる限り権限移譲を進めていきたいと思っているので、幹部を目指したいという方には、多くのチャンスがある会社だと思いますよ。

あなたも質問してみましょう!

質問する

お名前とメールアドレスは非公開です。内容については編集部が検討し、個人を特定できる情報を削除した上で公開させていただきます。

「運命を感じて自分からコンタクトした」 コンサル出身・元アパレル通販サイト経営者が「アペルザ」に見出した可能性

ウラバナシ
4

「出会ったその日に決めた」「製造業のマーケットの大きさに惹かれた」7年働いたカカクコムから転職したワケ

ウラバナシ
4

えっ!?ロッテ里崎が「これからの時代」に活躍する人材?元楽天イーグルス球団社長が語る

株式会社アペルザは事業を通じて、ものづくりにおける「情報流通」「取引のあり方」「コミュニケーション」という3つのバリアを取り除くことで、新しいものづくりの産業構造の構築に貢献することをミッションとしています。 日本の基幹産業である「製造業」を支援し、今以上に国内外で活躍する企業を増やしたい。同時に、世界規模のムーブメントとなりつつあるインダストリー4.0やスマートファクトリー、IoT領域などにチャレンジするスタートアッププレイヤーを増やしたい。ひいてはものづくりに関わる人を増やしたい。そんな思いで事業に取り組んでいます。

石原 誠/ 2016年07月/ 784,000,000円/ インターネットメディアの運営/