お金って可能性の塊、そのポジティブな側面をうまく表現したかった
「CASH」デザイナー河原氏が心がけていること

株式会社バンク

家の中にあるファッションアイテムなどを撮影すると、すぐに査定してもらえる現金化アプリ「CASH」。そのデザインを手掛けるのは、バンクの河原香奈子氏だ。カンタンでワクワクする仕組みを生み出す河原氏が心がけていることは――?近所にオフィスがあるクラウドポート・日比谷すみれ氏とのデザイナー同士の対談をお届けする。
河原香奈子(かわはら・かなこ)
株式会社バンク・デザイナー。多摩美術大学卒業後、株式会社ブラケットに入社。「STORES.jp」のリードデザイナーをつとめたのち、株式会社バンクの創業メンバーとしてアイテム現金化アプリ「CASH」や新サービスの立ち上げに携わる。
日比谷すみれ(ひびや・すみれ)
株式会社クラウドポート・デザイナー。早稲田大学商学部卒業。学生時代にbtrax、ペロリでwebデザイナーを経験。卒業後はヴォラーレ株式会社(現ナイル株式会社)のwebデザイナーを経て、株式会社グッドパッチでシニアプロダクトマネージャー、UIデザイナーを担当。2017年7月、株式会社クラウドポートに入社した。

段ボールに水分吸い取られて、手がカサカサに

――2人はそれぞれ、今の会社が何社目になるんですか?

日比谷:3社目です。

河原:ブラケットをカウントすると4社目です。

河原香奈子・株式会社バンク/デザイナー(左)、日比谷すみれ・株式会社クラウドポート/デザイナー

――河原さんが前職のブラケットに入社した理由は?

河原:ブラケットの前はweb制作会社です。そこに3年くらい在籍していました。基本的には、1人のデザイナーが1つの案件担当して、いろいろなジャンルの仕事を幅広くこなすという仕事。そこで一通りの流れを経験できたので、そろそろ新しいことにチャレンジしたいなと思うようなりました。「企画の部分から考えてモノを作って育てていくようなことがしたいな」と考えていたところ、ちょうどSTORES.jpが出てきたタイミング。「いいな」と思ったのがきっかけです。

――バンクとクラウドポートは、オフィスが近所だそうですね。

日比谷:そうですね。前までは、フロアの階層が違ったので、バンクさんの玄関からクラウドポートのオフィスが見える位置関係にありました。その後、バンクさんが移動して、フロアが同じ高さになったら、今後は窓を開けたらオフィスが見えるっていう。あと、私がすっぴんで近くを歩いているときに限って、香奈さんが前のほうからやってくる。「やばいやばい」って(笑)。

――そういうとき、どうされてますか?

河原:いえ、すっぴんに気づいてないです。いつもきれいなんで(笑)。

日比谷:気づかれないように気配を消して歩いてますよ(笑)。

――遅くまで残って仕事することってありますか?

河原:弊社はありません。基本的には10〜19時ですね。遅くても21時にはみんな帰ってるんじゃないかな。

日比谷:弊社も10時からなんですけど、帰るのは19時とか20時。家に帰ってから仕事をすることはあります。

――河原さんは学生時代どんなことをされていましたか?

河原香奈子・株式会社バンク/デザイナー(左)、日比谷すみれ・株式会社クラウドポート/デザイナー

河原:私が大学生だったのは、今から10年くらい前です。まだ世の中にスマートフォンも普及していない時代。そのころから、「将来はタッチできるデバイスが主流になるだろう」と想定して、大学でもサービスのデザインだったりとか、それに必要なインタラクションのデザインだったりを勉強していました。

ただ、そういうサービスの会社に就職した友人は結構少なかったです。当時は大手メーカーに入社して、家電についている液晶のデザインなどを担当するような人が多かったのかなと思います。

――「CASH」ローンチ当初、ものすごい数の段ボールがオフィスに届いて、代表の光本さんがてんてこ舞っただったそうですが、河原さんも?

河原:もちろんです(笑)。オフィスの中が荷物でいっぱいになって、ひたすら「どうしよう」と思いました。あの当時は、ジャージで出勤して、荷物の仕分けをする作業が1週間くらい続きました。

日比谷:「手が乾燥しちゃう」って言ってました。

河原:段ボールに水分吸い取られて、カサカサになりました(笑)。

――それも仕事のうちだったんですね。

河原:そうですね。そういうこともあるってことを経験できたのは良かったです。

どういう切り口で表現をすると一番響くか

――家の中のモノを現金化したいというニーズを「CASH」は見事にくみ取ったわけですよね。

河原:フリマアプリやオークションサイトなどの普及で、モノをお金に変えることが身近になってきましたけど、やっぱり、やりとりが煩雑で、面倒くさいという人は一定以上いると思います。自分もそうですけど。

――オークションやフリマアプリは売れるのを待たないとならないし、リサイクルショップも送るまで査定額がわからないですよね。

河原:そうなんです。通販型リサイクルショップでも、送ってからしばらくは査定に時間を要します。撮影したらすぐに査定額がわかるものがいいのかなって思っていました。

――スリータップで現金化できる仕組みは、光本さんのアイデアですか?それとも河原さんによるものですか?

河原:具体的なところは私のほうで考えました。光本から言われたのは「写真を撮ったらすぐにお金が振り込まれるアプリだよ」くらい。

――ふわーっとしてますね。

河原香奈子・株式会社バンク/デザイナー(左)、日比谷すみれ・株式会社クラウドポート/デザイナー

河原:相当ふわーっとしていますね。でも、私もどちらかというと、ロジカルというよりは感覚派です。光本とは、おそらく感覚で会話しているんだと思います。

――光本さんの口癖が「狂ったようなことをしよう!」だと聞きましたが、その「狂ったこと」をデザインでどう表現していますか?

河原:光本からは毎回ざっくりとしか言われないんです。だから、それを汲み取って、対象ユーザーにどういう切り口で表現をすると一番響くか、ということを考えるのが、仕事です。どういう切り口でやるのか、まずは自分の中で考えて、あとは実際に作っていく。あんまりコンセプトメイキングとか見た目以外のところで考えることもなく、思いついたらすぐ作っちゃう感じです。

――河原さんがデザイン作る上で、心がけていることはありますか?

河原:「このテーマに対してこういうものの見方ができるんだ」と、少しハッとするような切り口でデザインをしていけたらいいな、といつも考えています。

――モノを現金化する仕組みなだけに「大丈夫かな」という不安もユーザーから出てくると想定されますが。

河原:お金ってどうしても、生活するにあたって必要なものですし、お金があるから個人の可能性が広がったり、楽しみを得ることができるたりする。いろいろな可能性の塊です。そういうお金のポジティブな側面をデザインでうまく表現できないかなと考えて作ったデザインなんです。

本物のデザイナーになるために本物のサービスをつくる

――河原さんは、光本さんとバンクに移ったかたちですが、今後も一緒に働きたいと思いますか?

河原:私はイチからサービスを作った経験がなかったので、それをやりたくて光本にくっついてきました。個人的には、先のことは考えないようにしています。時代の変化に即したことをしていきたいという、漠然とした希望はあるんですけど、先のことはわかりません。短期的な目標としては、CASHを本物のサービスに育てたいと思っています。

――そのためには何が必要だと思いますか?

河原:1つは規模ですね。一時的にバズって広まりはしたんですけども、継続的に多くの人に使ってもらいたい。さらにみなさんの役に立つサービスになるように育てていきたいです。

――光本さんは「合コンでみんなが知ってるものにしたい」と言っていました。

河原:いつも言ってますよ(笑)。私自身で言うと、自分自身も「本物のデザイナーになりたい」という願望があります。そのためには、本物のサービスを作らないといけないと思うんですよね。だから今は頑張って、CASHを育てていきたいと思っています。

――日比谷さんはどうですか?

日比谷:スタートアップに関わってから、「自分でもやりたい」という思いが一層強くなりました。ただ、その手段がまだ漠然としています。今はプロダクトマネージャーという肩書もあるので、クラウドポートを良い事業にしていくことをやりきりたいです。その先で、また別の事業の責任者をやれたらいいなって思いますけど。

――それぞれ会社の好きな点、改善してほしい点はありますか?

河原:今のメンバーはみんなとても優秀です。私が一番年上で、みんな20代なんですけど、本当に素晴らしくて・・・一緒に働いていて楽しいです。改善してほしいところはとくにないです(笑)。

日比谷:私は、クラウドポートで社員として働きながら、フリーランスの仕事もしています。クラウドポートの仕事が6割で、残り4割は好きなことしていいことになっています。だから、同じビルに入っている他のスタートアップの仕事を請け負っています。前職のグッドパッチも副業OKだったんですが、副業の割合が当時より大きい。だから、こういう自由な働き方を認めてもらいつつ、やるときはやる感をみんなで作っていけるのは、クラウドポートならではかなと。改善してほしいところは、私もとくにないです(笑)。

ーーお互いはどう映っていますか?

河原:私から見たすみれさんは、すごく努力家で、勉強家で、誠実なデザインをされていると思います。だから、「クラウドポートをスタンダードにしていきたい」というのも、とても楽しみにしてます。

日比谷:「CASH」はまだ日本にそうそうない領域を切り拓いています。事業そのものとプロダクトデザイン両方について、傍から見ていてすごいなっていうワクワク感があります。それは香奈さんがポジティブなデザインを作られていることも大きい。1人のユーザーとしてすごく楽しみにしています。

――お互いのデザインで、こういうところがいいな、取り入れてみようかなって思うものはありますか?

日比谷:細かいですけど、バンクさんがコーポレートサイトに「formrun」(メールフォーム)を使ってるじゃないですか。めっちゃ良いと思って、こちらも導入しました(笑)。「これいいじゃん」と思ってコードを見たら、「え、これだけで実装できるんだ」って。香奈さんはデザイン全般を手掛けられているので、バンクさんの名刺もめっちゃカッコイイ。そういうところもチェックしています。

河原:たしかに「このデザインってこの人が作ってるんだ」というのがわかって、その人にお会いするとすごく嬉しくなりますよね。デザインやサービスの仕様って、やっぱり、作ったその人自身が出るんだと思います。

カメラマン: きくちよしみ、 ライター: 今井順梨
株式会社バンクに興味をもった、
・iOSエンジニア・androidエンジニア・サーバーサイドエンジニア(ruby)・データ解析・マーケティング担当・事業開発・経理に興味をお持ちの方はこちらから 今すぐエントリー

他社の記事をよむ